FC2ブログ

我慢できなかった.....

日記
06 /06 2018
仕事が終わって帰宅。最近は娘の熱烈なお出迎えがなくなった。成長はうれしいけど、少し寂しさを感じながら「ただいまー」と家の中に入る。

手を洗い、うがいをして、服を着替えてとりあえず椅子に座る。すると娘がお帰りーと言いにきてくれた。

と同時に娘がまだお風呂に入っていないことに気づいた。すでに20時。ご飯も食べていないし風呂も入っていない。どちらか済ませとかないと適時に寝られないのではないか??と心の中で嫁に対する思いを抑えながら食事ができたので食べた。

食事が終わると、嫁の話を聴く時間がやってくる。今日も例外なしにやってきた。話をすること自体は問題ないし、むしろ大切な時間だと思っているのだけど、嫁の話にはいくつか私をイライラさせるポイントがある。

その中でももっとも癇に障るポイントとして、「主語がないこと」である。

主語がないと、話してくれる内容に対していちいち「今のは誰のことを言っているのだろう、、、話の流れからこの人のことか?つじつまが合わないし違うのか??」とか「だれかの話をしているようだけど、私が知っている人なのか?前にあったことがあるのか??」というように集中して話を聞かなければならず、話を聞くことに対して疲れてくる。

嫁は話の内容の場面にいるから周りの状況や誰に起こったことであるのか等を把握しているので主語なんて入らないのだろうが、その場にいない私にすると状況把握から始まるので、主語はとても大切なのである。

ただ、嫁に「誰の話何?」とか「主語はなんなん?」とか聞くと悪い雰囲気を呼び込んでしまうので、いつもは言わないように我慢をしている。

嫁としては主語がどうとかそんなことはどうでも良くて、ただ話を聴いてほしいということも重々わかっているつもりである。

主語のない話に対して突っ込むこともタブーだと重々わかっている。

しかし、今日は仕事が忙しくて疲れているし、娘が寝る時間も遅くなってしまった。そして、ちょっとイライラしていたところにいつもどおり「主語のない話」をしてきた。

「嫁:なあなあ、今日幼稚園の階段でな、つまづいてこけてん、5段ほど転げちゃってん!危なかったわ」と

私からすると、当然幼稚園の階段だし、そんなところでこけるなんて当然娘のことだと思って「私:危なかったね」と返事をしたのだが、その後の会話から、娘のことなのか嫁のことなのか、はたまた友達のことなのかわからなくなった。

そして、頭で考える前につい「今の話の主語はなんなん?」とイライラもあって少々強めに言ってしまった。

すると嫁が「あっ、、、ごめんわたしのこと」と小さな声で返事をしてきて、そのまま話が終わってしまった。

心の中で「お前かいっ!!」って突っ込みながらも、しまった!と思って取り繕ったが後の祭り。

雰囲気ぶち壊しでそのまま寝てしまった。

嫁との会話にはいくつかのタブーが存在して、「主語がない」以外にも複数あるが、それを正直に言うとあとあと厄介なことになってしまうから要注意。いつもなら、黙っているのだけど、、今日はタイミングが悪かった。

今日は私自身がイライラしていたので我慢できなかったが、明日は黙って話を聴いてあげようと思う。


スポンサーサイト

戻ってきて早々に、、

未分類
06 /05 2018
いや久しぶりの投稿ですりなんだか緊張します、、ドキドキ(^◇^;)
これまで嫁との仲を書いてきたわけですが、今もなお浮き沈みのある夫婦関係を過ごしております。
今年で私達も結婚10年を迎え、いろいろありつつもいい夫婦でいたいと思っています^ ^
 
昨日、娘の幼稚園参観がありまして、わたしも参加してきました。日曜日なのでお父さんもたくさんきてましたね^ ^
私達はもう30後半と40中頃の夫婦で、私達よりも若い夫婦がたくさんいました。まあ、幼稚園児のお父さんお母さんですからね、当然ですよね(^ω^)
そんね中でも、「うーん、うちの嫁綺麗やん、やっぱり若さじゃないよなー」と親バカならぬ夫バカになりながらも娘と嫁や娘と友達の絡みを見ながら何気ない幸せを感じておりました。
参観が終わって娘と嫁と家に帰ってお昼ご飯^ ^参観の話に花を咲かせました。
上のお兄ちゃんはクラブで不在。娘も疲れて寝てしまいました笑
嫁と2人、、参観の服装からラフな服に着替えていたら嫁の体は細いけど、プリプリした魅力的なお尻にムラムラ。
私から嫁に「する?」と尋ねると、嫁も「いいよ、しよっか」とまんざらでもない感じ
うちはいつもこんな感じ、ムードなんてないけど応えてくれる嫁に感謝しながら嫁の服を脱がせて、キスして、パンツ脱がせて、、、大好きな嫁のお尻にダイブしました笑
そして、口でしてくれた後に突入。馴染んできたらバックの体制になって嫁のお尻を堪能しました( ̄^ ̄)ゞ
定期的に夫婦生活はありましたが、このところ1番いい感じにできました笑
そのあとお出かけして外で夕食。
帰ってきて一緒にお風呂に入りました。そこでさらにもう一回♡
鏡に映る嫁のお尻に大興奮してしまいました(^◇^;)
こんな感じのが続けばいいんだけど、これまでの流れからいうと今が絶頂期でここから落ちて行くパターンかな、、この前の状態を維持したい。
お手伝いや娘の子守とか頑張ってするしかないな

方向性

記録・考察
10 /02 2017
土曜日は自分より上手い人とガンガンテニス!久しぶりの緊張感を味わい、日曜日は嫁と相方の女ダブの練習に付き合うゆったりテニス。トータルでかなりの時間テニスをしたから身体が痛い(^^;;


昨日は、嫁が近々女ダブの試合に出るらしいから練習したいと言われたから練習に付き合った。二人でするのかと思えば、相方の奥様を呼んで3人でテニスをすることに…3人でだとダブルスの試合ができない、、、どうしようと考えてとりあえず実践形式のパターン練習。あっという間に終わっていい運動になった。嫁たちもいい練習になったようだ。


まあ、その日のとりあえず終わりはよかったと思う。でもテニスの前に少し変な空気になった。というのも、娘は爆睡、上の子はクラブで家には私と嫁の2人。最近うまくいってないけど、悪くもない。もう少し空気を良くしたいと思い賭けに出てみた。


ご飯食べてテニスまで時間がある。私から「久しぶりにどうかな」とアプローチ。出方を伺ってみた。嫁はダメとも言わないがいいとも言わない、悩んでいるようだ。私「いや、ダメならいいよ、またにしようか」と引いてみる。嫁「してもいいよ…」とまた曖昧な返事。私「どうしようか。あまり乗り気じゃないし、やっぱりもう少し待とうか」、私「してもいいんだけど、気持ちは入らないと思う、それでもいいなら…」、私「分かった、じゃあ辞めよう」


私としてもすごいしたいわけでもなく、ただ先のことを考えると今ちょっとくっついた方が上がり調子になるかと思って言っただけなので、したくない相手にしようとも思わない。なんだかバツが悪くなり何故このような距離感になってるのか話し合うことになった…というか聞くことになった。


まあ、要するに私が優しくないということのようだ。話を聞いてくれない(私にしたら聴いてるつもり)、身の回りのことで相談が出来ない(私にしたらのってる)と何だか私が思ってるより、さらに上のことを要望しているようだった。


疲れてきた。でも結局、どちらかが相手に寄せないと上手くいかないことは分かった。お互い素の状態だと上手くいかない。相手に寄せるということは、自分はストレスがたまるということだ。これまでにここであげてたことは、かなり嫁に寄せてたはずだ。でも嫁が私に寄せるとは思えなかった。嫁は素に感じられた。


ずっと寄せてると疲れてくるし続かない。だから今私は素でいることにしている。でもそれだと上手くいかない。ということは、私達はもともと合わない男女だったんじゃないかという結論に至った(私の中で)そうすると、今後の選択肢は3つだと思う。

1.相手に寄せ続けて、自分はストレスを抱えるけど、良好な夫婦関係でいる。
2.お互い素の状態を続けて付かず離れずの距離感でずっといる。
3.別れて別々の道をいく。


3は娘と離れたくないからなるべく避けたい。1.は反動がでかいから、2がいいのか。だとすれば今とさほど変わらないな。でもこのままだとエッチはなさそうだから1と2の間をめざそうか。迷う。


まあ昨日は微妙な空気からテニスがあったからか、ちょっと良くなったけど、まだまだ道は遠いな

不意打ち

記録・考察
09 /27 2017
今日は朝起きて嫁に「おはよ~」っていって、嫁も「おはよ~」って言い返してくれる。まあ、ごく普通の朝だ。嫁は私の弁当を作って、通勤で食べれるように朝ごはんを食べやすくしてくれて、お茶とコーヒーを水筒に入れてくれる。私より30~1時間早く起きてそれらのことをしている。


私は朝が強くないが、何時に寝てもなぜか目覚ましもかけてないのに6時に目が覚める。その後は二度寝や携帯をいじって布団の中で過ごす。寝たほうがいいとわかっていながら、思えば思うほど寝れない。私もおきていることが多いから嫁が早く起きて準備しているを知ってるし、ありがたいと思いつつ布団の中で甘えている。


朝の挨拶をして、着替えて、顔を洗って、歯磨きして、髪の毛セットして、持ち物チェックをする。その間も嫁は子どもや私の食事の準備をしてくれている。上の子が先に通学して、そのすぐ後に私が出勤する。今日もいつもと同じ流れでことが運ぶ。


上の子が家を出た。残るは私の朝食の準備をする嫁と爆睡する下の娘と私。そろそろ時間が来たので、上着を着て家を出る準備をする。するといつものごとく、嫁が朝食セットと昼食の入った袋を持ってきてくれて、「いってらっしゃい」といってくれる。私は「いってくる」という。まあいつもの流れだが、通勤時間に間に合うように食事セットを持ってきてくれるのには頭が下がる。


せめてゴミ出しはくらいはと玄関に無造作においてあるゴミ袋を捨てる。そして、玄関の扉を開けて外に出た。家を出て鍵をかけてさあいざ仕事場へと思ったが、ふと手に持った弁当の袋を見ると、なんとなくありがたみがこみ上げてきたので、鍵を閉めた玄関の扉を開けて、家の中に入った。


まだ嫁が玄関に立っていて、「どうかしたの?忘れ物?」と不思議そうに私に尋ねてきたが、「いや、特に忘れ物はない」と答える。そしてまあ、なんだ、その…といいなが、嫁をつかんで軽く唇にキスしてみた。結婚当初はちょくちょくあったが、もういつしたかも覚えていない。


嫁は、不意打ちを食らったのか少しきょとんとしてすぐにニコッてした。「ほな今度こそ言ってくる」と告げてドアを開けようとしたら、背中をツンツンとしてきた。でも仕事に遅れるのでそのまま出勤。なんの合図だったのか。


仕事を終えて家に帰宅した。今日は仕事が遅くなった。朝のことについては触れずいつも通りの夜。娘とご就寝(笑)でも帰ったら嫁は昨日よりも機嫌が良くて、夕食がステーキだった…。ステーキうまかった(笑)


まあ、これを機にまた上がり調子になればいいけど。なかなかうまくいかないから期待は半分だけにしとこう。

雑な対応

記録・考察
09 /26 2017
先日は給与日、嬉しいような嬉しくないような…。何故か?それは1ヶ月汗水垂らして働いた給与は家族のものであり、自分のものではないからだ。


結婚が早かった私は自分のために給与を得るという期間がとても少なかった。結婚したと同時に小学生の子どもができたし、全て家庭のものとしてきた。まあ、小遣いもあるが、付き合いやなんやらで自由に使える分はほとんどない。特に欲しいものもなかったし、自分が働いた給与で家族が幸せになるならそれで良いと特に気にせず今に至る。


このところ、また嫁とうまくいかないのは記載の通り。ちょっと良くなったかと思いきやまた少し悪くなる。それもしょーもない理由で。このしょーもない理由というのは案外曲者である。いつもこいつにやられるからだ。
仲良い時はしょーもない奴、でも仲悪いときはしょーもない皮を被った大物である。

結婚と同時に小学生なった子どもも今や私よりデカくて、口も達者だ。でもまだまだ子どもだ。反抗期は成長を感じるとともにストレスの原因になる。特に母親の言うことは聞かない。自分も思い返せばそんなだった。私は父のような他人だからか、反抗的な面もあるが、まだいささか抑止力になってる。


まあ、仕事に家庭とちょっとずつストレスが溜まってる時の先日にいつものしょーもない奴がやってきた。
仕事から帰るとなんだか疲れてる嫁がいた。その日の嫁はテニスや買い物で楽しい日のはずだけど…。おかえりの言葉も気だるそうで、娘への言葉がけもなんだか荒い。明らかに疲れてる。


まあ、楽しい日といえど育児に夕飯の支度など疲れるから仕方ないと思う。でも今日は給与日。そんなイライラムードやなくて良いんじゃない?と思う。


そこで、「今日は給与だから明細を置いとくね」と言ってみた。すると嫁は「知ってる」と一言。ちょっとムッとしてしまった。しばらくたって[中身みた?」とさらに聞いてみた。「なんか変わってるの?見たら変わるの?」…変わったらわけないだろと思いながらも見てないこと確定、まああえて見る必要もないが…。さらに「私の明細も見せようか?」と言われて、「いやいい」とかえす。


なんか、とても雑な対応に頭にきて文句を言ったら、拗ねてしまった…めんどくさい奴。結婚せんかったらよかったと本気で考えてしまった。それからはもう無視です。私もめんどくさい奴かも(^^;;


今日の朝、嫁が昨日はごめんとめずらしく謝ったきた。普段は私から謝るけど、珍しいこともあるものだ。今日の運勢は一位か?違った…。とりあえず謝られたらチャラにするしかないし、普通に接する。でもなんかギクシャク…私だけか?


また仲良くなれる日は来るんだろうか(^^;;

ハム太

ハム太と申します。

管理栄養士として健康に関わる仕事をしてました。
好きな言葉は「二足のわらじ」です。
嫁と結婚して約10年。多くの時間を喧嘩したりいがみ合っていた気がします…。でもこれからはもっと夫婦仲良く楽しい時間を増やして行きたいという思いから、そのためにどうするかを自分なりに研究、記録をしていこうと思いブログを始めました。また、結婚してからこれまで、夫婦の記録をしてきませんでしたが、大切な今を残したくて始めました^_^
趣味はテニス
好きなものは麦焼酎です

よろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。